上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
さてさていよいよ開幕当日 今日は最後の戦力分析、阪神タイガース

今回は、他チームよりも詳しく書いて行きたいと思います。


阪神ファンですので。。。。。。。。。。。。。。






昨年後半奇跡の追い上げ空しく2位に沈んだ阪神(2年連続80勝以上の84勝)
今年は5年連続10勝以上、毎年200イニング投げていた柱の井川が抜けた。

「井川が抜けて、今年の阪神は駄目だろう」という意見が大半を占めた

しかし、これは若手投手にとって千載一遇のチャンス
実際キャンプでもみんな目の色を変えて「俺が井川の(敬称略)穴を埋めるんだ!」という意気込みが感じらた。


相変わらず若手野手は不甲斐ないが・・・誰とは言わないが、かろうじて出てきたのは赤松くらい

ベテランは元気な内に若手野手陣にも頑張ってほしい。






まずは投手陣先発候補としては、開幕時点で9人が挙げられる 

昨年ついに花開いた右のエース福原、先発・中継ぎと両方こなせるタフネス右腕安藤
一昨年の最多勝投手で今年も若手を引っ張る下柳、テンポのいい江草
中継ぎを経験し更なる高みへ能見、ルーキーながら素質抜群小嶋
汗はかいても恥はかかない新外国人ジャン、長身から繰り出す威力あるストレートが武器ボーグルソン
昨年の経験をバネに飛躍を目指す杉山 




注目の布陣だが、多少の順番違いがあっても、ほぼこの6人で回す事は間違いない


下柳→江草→能見→ジャン→小嶋→ボーグルソン


上のようになるが、福原は4月の中盤から後半にかけて復帰が予想される為
誰かが不調に陥った場合はすぐに入れ替えられるし、ここに杉山・安藤も絡んでくるだろう
(安藤の場合は、5月中旬くらいまで掛かると見られるが・・・)




開幕投手は、もうこの人しかいないだろう、今年で38歳を迎える「下柳剛」

昨年オフに肘を手術しその影響が心配されるだろうが、心配無用
今年も早い時期から奄美大島に渡り、トレーニングを続けてきた。
円熟味を増した投球はさすがベテラン、現在の投手陣では一番安心して見ていられる



そして開幕第2戦に起用されるのが、「江草」若手投手陣の中において1番実績のある投手である
テンポのいい投球は打者に考える暇も与えず、切れのいいボールを投げ込む
一番の武器はフォークのように鋭く落ちる、ツーシーム



その江草と共に期待される左腕の一人が「能見」
江草と共にウィンターリーグに参加、チェンジアップをマスターし緩急をつけ
内外角に切れのいいボールを投げ込んでくる、井川と同い年 今季を飛躍の年にしたい」



4戦目、裏ローテの軸に期待されるのが「E・ジャン」
メジャーでの先発経験は無くスタミナ面で不安は残るが、直球・変化球共にまとまっている
特に注目すべきは変化球で、普通のフォークとシンカー気味に落ちるフォークと2種類のフォーク
チェンジアップ・スライダー・カーブと多彩で的を絞らせない投球ができる

課題は長いイニングを投げるスタミナ面とクイック・バント処理
オープン戦で長いイニングを投げていないので判断しづらい



5戦目は、キャンプからオープン戦と評価を上げた、新人の「小嶋」
ストレートの球速は140キロに満たないが、キレが抜群で
腕が隠れて出てくるため球の出所が見えにくく、打者は想像以上の速さを感じているだろう
変化球も多彩で、スライダー・フォークを中心にチェンジアップ・スローカーブ

こちらの課題は、セットポジションになると全体的に球が浮く事と
長いイニングを投げる事で下半身の粘りがなくなる事も課題であろう



6戦目は、美人の奥さんをもつ(笑)長身右腕「ボーグルソン」
160キロ近くを投げるという触れ込みであったが、実際は150キロ満たず
しかし球速は140キロ台で安定している、これといった決め球が無く決め手にかける
球種的にも、持ち球は確認できた所で、カットボール・カーブのみ

個人的にはボーグルソンを先発で投げさせる事には、疑問を感じるがシーズンで変身できるか!



その他の先発では


福原

勝利数と同じだけ負け数がある投手であったが、投球全体的にテンポが早くなった。
その要因であるのが徹底的に低めを意識した事と、遅いカーブでカウントが取れた事が大きい
昨年と同様、今年も出遅れた分後半で巻き返してチームに貢献して欲しい。


安藤

昨年のシーズン序盤、安藤はツーシームを始め色んな変化球を試し、器用貧乏状態で
本来の武器であるスライダー・フォーク・シュートの精度が落ちた。

後半からは基本に立ち返り、中継ぎ登板を経て、阪神奇跡の追い上げに貢献した。
(9月で4勝防御率0点台の活躍)
今年はあせらずじっくり直して、シーズン中盤からフル回転して欲しい。


杉山

一昨年、9勝を上げリーグ優勝に貢献、将来のエースとしての期待は高まった。
しかし昨年は好投しても勝ち星に恵まれない日もあり、4勝に終わった。
今年は開幕こそ2軍だが、いずれ杉山の力を必要とする日が来るであろう











次は中継ぎだが、勝利の方程式は久保田の不調で、順番が入れ替わるがそれほど影響は無い

一昨年活躍した橋本の調子がいいので、方程式に組み込み
長いイニングを投げられる久保田をロングリリーフに回してもいい

とにかくウィリアムス・藤川にいかに繋ぐかが問題である

日程に余裕がある場合、細かく継投していき、勝ちを拾う方法もあるだろう
打線が昨年よりはいいので、多少の点なら取り返してくれると信じるしかない


布陣

中継ぎ 桟原 吉野 久保田 相木 橋本 ウィリアムス 

抑え 藤川




先発・中継ぎを総括すると、先発に関しては苦しい夏場を乗り切る事ができるかにかかっている

井川の居た昨年は比較的長いイニングを投げてくれたので、中継ぎにも負担がかからなかった。
今年は、その井川が抜けたことで確実に計算できる投手は居ない、と言ってもいい

そこをどう改善していくかが今季の阪神を占うといってもイイ



一方中継ぎは昨年と同じく駒が揃っているが(寧ろ去年より揃ってるかも)
井川が抜け、完投が少なくなる分、しわ寄せが必ずくるであろう
それをどう乗り切るのか、JFKHSに期待したい(ジェフ・藤川・久保田・橋本・桟原)


いずれにしても、最後は先発・中継ぎ総動員して、井川の穴を埋めることが重要であるのは間違いない






野手陣ですがまず開幕オーダーを予想 



1鳥谷(遊) .300 20本 60打点 10盗塁
2赤星(中) .290 1本  29打点 50盗塁 
3シーツ(一) .290 16本 82打点
4金本(左).302 31本 100打点
5今岡(三) .320 20本 100打点
6関本(二) .281 12本 50打点 
7林威助(右).270 15本 50打点
8矢野(捕).265 14本 58打点



オープン戦序盤こそ苦しんだが、中盤に主力合流から連勝を重ねた。
特に光ったのは鳥谷だった。
OP戦後半からは1番に定着、打率.385 2本 9打点 25安打と進化を遂げた。

2番を打つ赤星をどう生かせるかによって、大きく変わっていく


利点は、
・下位から作ったチャンスを鳥谷の長打で返せる点(赤星1番時は凡退する事が多かった)
・初回に2塁打で出塁・赤星が右打ち、もしくは繋ぐ事が出来れば確実に点が取れる

欠点は、
・3番がシーツの為自由に走る事ができない、または早撃ちの為盗塁する前に併殺で好機を潰す可能性も


この場合利点の方が多いように見えるが、色々と赤星の制約も出てくるであろう
これが功を奏するのか裏目に出るのかは、シーズンを見てみよう




クリーンアップはここで語る必要のない不動のオーダー!
シーツ・今岡の巧打者に挟まれる形で4番に座るのは、鉄人アニキ金本!


昨年もポイントであったのだが、クリーンアップの後を打つ6・7番打者が鍵を握る

そういう面では、右翼のレギュラーを争う濱中と林威助
実績では濱中選手がリードしているが、初球から振る積極性は林が上だ

ただネックになるのがその守備、濱中は無難にこなすが、林は打球判断も悪く使いにくい

両方ともけして、いいとはいえないので、どっちもどっちだが濱中の方が安定感がある。



もちろん濱中と林も注目だが、セカンドの関本に注目したい
昨年は2番として主軸に繋ぐ役割であったが、下位に回れば返す役割もこなせる
このような打者が下位にいれば他チームには脅威だろう

また1・2番がうまくいかなくても、赤星1番関本2番と柔軟に対応できるのは大きい



捕手は、矢野がまだまだ元気だが、普通であれば衰えていてもおかしくない時期
それでも投手陣からの信頼は厚く、まさに虎の正妻として欠かせない

昨年もそうだが、今年も時々矢野を休ませる時が必要である
その時マスクを被る可能性のある注目選手を紹介したい。



その選手の名は   清水誉捕手(22歳) 


その詳細は控えの部で詳しく見ていこう







控えのメンバーは、ご覧の通り


清水・高橋光・秀太・葛城・藤本・中村豊・赤松・林


代打、高橋光・林・葛城 代走、秀太・赤松・藤本 守備、藤本・中村豊・秀太、清水


今年の控え選手で期待したいのは、高橋光内野手・清水捕手である


高橋光は、町田・片岡という代打の2枚が抜けた分の代打の切り札、交流戦のDHに期待
オープン戦でも代打で結果を残しているが、特に大きな印象として
対左に対してとても強い印象があった。杉内との対決で凡退はしたが10球粘った。
阪神は左腕を特に苦手にしているので、大いに期待できる


もう一人は今年入団した清水捕手
自分が見た中ではポスト矢野最有力候補と言っても過言ではない

内角の使い方がうまく、リード面では非凡な才能を見せ付けてくれた
盗塁阻止の部分では経験が足りず苦労しているが経験を積めば、こなせる素質はある

打撃のほうでは、浅井・狩野といった辺りに遠く及ばないが、守備での安定度なら清水が上だろう



その他では藤本の奮起・葛城の意地に期待したい。
藤本の守備は安定しているので終盤に必ず必要になるし

葛城は昨年出場が無かった、無念を代打で晴らして欲しい。







最後に投・打の期待の選手を2づつ紹介


投手では能見投手


一押しの投手、先ほど先発の項で述べたとおり
今年は勝負の年だ!!!!!!!!



成績予想 8勝6敗 防御率3.42 


E・ジャン


新外国人ながら、制球も良く完成度の高い投手
日本に慣れれば10勝は固い(本音は2億もらってんだからこれくらいやってくれという)


成績予想 12勝8敗 防御率2.94 



打のほうでは、今岡選手
 
昨年は長打の狙いすぎで不振に陥り、シーズン半ば故障で離脱(後に右手を手術)
昨年はもうひとつ下半身の粘りが足りなかったが、今年は多くノックを受け、下半身から体を作り上げてきた。
今季は昨年の屈辱を、バットで返す!今岡らしい勝負強さを見せて欲しい。


成績予想 .320 20本塁打 100打点



赤松選手

出番は少ないが、もし赤星にアクシデントがあった場合、中堅はこの人で決まりだ!!!
俊足強肩に加え、岡田監督いわく小力のある打撃で、中堅赤星を脅かす存在!
1年目にファームで首位打者・盗塁王・最高出塁率の3冠を獲得した実績をもつ

しかし入団してから数年は怪我もあり、1軍には定着できずに居た・・

今年は怪我もなく順調にアピールを続けているだけに、今年は1年間1軍に帯同しそうな勢いだ


成績予想 .276 2本塁打 12打点 10盗塁







いよいよセリーグ開幕!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト
2007.03.30 Comment:0 | TrackBack:0
今回は、巨人






昨年は、開幕ダッシュに成功したものの終わってみれば4位とここ最近の定位置に収まった
その主な原因は故障が原因、高橋・小久保が抜けチームはややまとまりを欠いた印象がある

今年は、門倉・小笠原・吉武の3人と新外国人の加入で、厚みを増したかに見えるが
低迷の根本的な原因である1・2番を打つ打者、そしてリリーフ陣も・・・・・・・



まずは先発 

ここ最近は怪我で低迷のエース上原、チーム最多の12勝を挙げた、左のエース内海
今年が来日7年目のタフネス右腕パウエル、昨年終盤に頭角を現し、制球力抜群の姜建銘
FA移籍の門倉、2年目のサブマリン会田、希望枠入団の左腕金刃 
先発で復活を期す高橋尚、新人の年に10勝をマークした木佐貫


布陣

上原・パウエルという2人の柱が故障で出遅れているが、候補を見ると見劣りしない


開幕投手は昨年の実績を買い内海 今のところ安定感のある、内海
2戦目が絶好調ジャンが登場する確立が非常に高い

人的補償で移籍した工藤と開幕で対決するかもしれない、と見ていたがその可能性は低そう・・・

開幕の出場登録メンバーを見る限りおそらく野口がどこかで先発するだろう
オープン戦での結果をみれば3戦目は高橋尚だが、↑の理由で野口・そして高橋尚が4・5戦目にくるかも

あと一人、好調の木佐貫もローテ入りの可能性を残しているが
木佐貫の代わりに4戦目会田か金刃、もしくは木佐貫・金刃で会田は中継ぎもありえる




内海→姜→高橋尚→木佐貫→野口→会田・金刃






次は中継ぎだが、SBから吉武を獲得、どんな場面でも投げられるので
勝利の方程式は、吉武→林→豊田の流れが理想的、経験豊富な前田も使える

左右のバランスがいいのでどんな場面にでも対応できるが、いずれも絶対的な力を備える投手は居ない


布陣

中継ぎ 真田 前田 吉武 林 

抑え 豊田



総括すると先発は、シーズン序盤こそ苦労しそうだが、大事な後半にはしっかり駒が揃うはず
中継ぎのほうは、1人絶対的な存在がいればいいが、今のところいないので細かく繋いでいくしかない








野手陣ですがまず開幕オーダーを予想



1高橋(右).305 19本 72打点 
2谷(左) .281 6本 34打点 
3小笠原(三).315 35本 100打点
4李承(一).297 34本 102打点
5ゴンザレス(二).289 12本 60打点
6阿部(捕).289 17本 59打点
7小坂(遊).262 2本 15打点
8鈴木(中).270 2本 20打点 30盗塁



原監督が、1番高橋2番谷で行くと発言している為間違いない

中軸と6番はおそらくこのままで行くだろう、7・8番は離脱中の二岡が復帰して変わるだろうが

センター・ショートは、右投手なら小坂・脇谷・亀井・小関 左であればとホリンズ・矢野と選択肢は十分にある

二岡が復帰すれば、ショートは間違いない。



重要な1・2番を高橋・谷に任せるにはリスクが伴う
成績は残すとしても、シーズン途中で1・2番が離脱してしまえば、チームは大きな損害を受ける
怪我で離脱しがちな選手であれば尚更である



控えのメンバーは


ホリンズ・加藤・小田嶋・古城・岩館・木村拓・亀井・小関・矢野


代打木村拓 矢野 代走 小関 守備 亀井、小関、古城






最後に投・打の期待の選手を紹介


投手では姜建銘投手

コントロールが良く、多彩な変化球で的を絞らせない
疲れさえ出なければ、昔の上原と同じようにコンスタントに勝てるであろう

成績予想 14勝5敗 防御率2.45 


打のほうでは、ゴンザレス選手 

開幕後は主に5番を任されるであろう選手
メジャーでの実績は少ないが守備で安定感があり、打撃もコンパクト


成績予想 .289 12本 60打点







つぎは最後、阪神タイガース(拡張版)
2007.03.29 Comment:1 | TrackBack:0
今回は、ヤクルト






昨年も戦力的にどうかと言われていたが、シーズンが終わってみれば見事3位

今年は投で、ガトームソン、打では、ラロッカ・岩村が相次いでチームを去った

しかし若手がオープン戦で猛アピール、この3人の穴を全く感じさせず今年もきっちり3位以内に入るのか



まずは先発 

メジャーでの経験が大きな武器の石井一、5年連続2桁勝利達成の小さなエース石川
新人ながらそのストレートは脅威の増渕、中継ぎ降格の屈辱をバネに復活を目指す藤井
新外国人グライシンガー、実力は申し分なし エースとしての素質十分の川島
育成枠ながら中日打線を1失点に抑えた伊藤 




布陣


ポイントは増渕投手を何処で使うかになると思いますが、高卒ルーキーで開幕3戦目もありえる
それくらいの実力はある、後は緊張で固くなり四球さえ出さなければ初勝利も近い

予想は↓で開幕投手は石井一 石川あたりが続く、バランスを考えるなら右だが、こだわらなくてもよい

石井一→石川→グライシンガー→藤井→増渕→川島・伊藤






次は中継ぎだが、若干不安ではあるが経験のある投手が多いので、なんとかなると思う
しかしヤクルトの場合、故障というのが一番の不安要素で、特に木田・高津あたりは心配

左が制球に不安のある高井だけというのも心配である、突然制球を乱すことがあり、重要な場面では危険


布陣

中継ぎ 館山 遠藤 高井 花田 木田 

抑え 高津


総括すると先発・中継ぎ共に「怪我が無ければ」十分やれる
五十嵐と石井弘が早速居ないわけだが・・・・

シーズン終盤には、五十嵐・石井弘が帰ってくるのであれば
3位以内に入ればプレーオフを勝ち抜く事ができるかもしれない


先発完投が、ヤクルトの場合少ないので、今季はそういうことも意識してやるべきだろう








野手陣ですがまず開幕オーダーを予想



1青木(中) .320 15本 60打点 40盗塁
2田中浩(二) .285 6本  32打点 
3リグス(一) .269 32本 83打点
4ラミレス(左).290 31本 108打点
5宮出(三) .290 8本 65打点
6ガイエル(右) .265 13本 52打点
7古田(捕).265 3本 27打点
8宮本(遊).283 5本 30打点



1番青木はいまや不動、後を打つ2番が鍵になるが、田中浩が定着しそうだ
ベテラン宮本の可能性もあるが打撃好調な方を使っていけばいいだろう

中軸も岩村・ラロッカが抜けたとはいえ、変わらないだろう
足の速いリグスを3番に置く事で併殺のリスクを軽減、ラミレスは昨年の併殺王なのでそこが心配
しかし返す能力は一流なので、下位に置いたほうが厚みは出るだろうが4番を任せられるのは彼しかいない

5・6・7・8は流動的な感もあるが、この布陣が最適


捕手だが、今年は古田捕手が好調なので開幕はマスクを被るだろうが、さすがにフル出場となると・・・
なので福川・米野・小野辺りをうまく使い凌いで行きたい。



控えのメンバーは


梶本・米野・飯原・福川・度会・志田・真中・畠山


代打畠山・福川・度会 代走飯原・志田 守備真中、米野、飯原






最後に投・打の期待の若手を紹介


投手ではグライシンガー投手

球に勢いがあり、変化球も低めに集まる ガトームソン同様の活躍も期待していいのではなかろうか
1年間通してやれるかは未知数だが、韓国での経験は大きい

成績予想 9勝 7敗 防御率3.44 


打のほうでは、畠山選手 

現状では宮出がリードしているがこちらも負けてはいない
岩村の抜けた穴は、長打力という面でこの人が埋める事になるだろう
課題は守備・・・・・・・・・・


成績予想 .251  15本塁打 40打点







つぎは巨人
2007.03.28 Comment:1 | TrackBack:0
今回は横浜






昨年は、投手陣の不調で最下位となった。

若手の台頭があった事が唯一の光だが、多村が抜けたことで
打線のほうは多少落ちるという見方も出来るが、怪我で計算できないのであれば、影響ないだろう
移籍先では今のところ大活躍だが

投手陣は、逆に層が厚くなったと言ってもいいだろう



まずは先発 

2年連続200投球回達成のエース三浦、門倉の人的補償で、巨人から移籍の工藤
多村との電撃トレードで獲得の150k右腕寺原、得意のシュートで復活した小野
共に中継ぎから先発転向の加藤・川村、巨人キラー土肥、期待の左腕那須野
新外国人チアソン、復活にかける吉見 




布陣


OP戦では、ほぼ同じ投手で回しているという事もあり、ここはもうほぼ固まっていると見ていいだろう

完投能力のある2人を頭にもっていく方針の為、三浦・寺原はそれぞれカードの頭を。
開幕投手はエース三浦で、2番手には巨人に滅法強い土肥、3戦目には工藤で門倉との対決が期待される


三浦→土肥→工藤→寺原→加藤→川村






次は中継ぎだが、加藤・川村の先発転向で実績のある投手が木塚とクルーンしか居なくなるが
昨年は先発が崩れ、中継ぎに悪影響を与えて居たので、それを思えばこの陣容でも十分だろう

新外国人投手のホセロが好調なので(防御率0.00)巧く使えば戦力になる

新人の吉原もアピールを続けているので、注目! このなかで那須野は先発から中に回ると見ている




布陣

中継ぎ 那須野 山北 吉原 ホセロ 木塚 

抑え クルーン



総括すると先発・中継ぎ共に実績は無いものの、潜在能力は一番ではなかろうか

気になるのは抑えを勤めるクルーンの故障だが・・・・・









野手陣ですがまず開幕オーダーを予想



1仁志(二) .270 10本 43打点 10盗塁
2石井琢(遊) .272 6本  29打点 
3金城(右) .320 17本 70打点
4村田(三).264 29本 105打点
5佐伯(一).282 12本 70打点
6吉村(中) .290 25本 82打点
7鈴木尚(左).275 6本 40打点
8相川(捕).255 8本 30打点



左右のバランスが取れており、非常にいい打線だが

横浜の場合、最も重要なのは1・2番打者である
石井はまだ元気だが機動力としては多くを望めない為若手の台頭が必要だろう

石川・藤田・下窪辺りを固定し、上位を打つようになると、怖いのだが・・・

鍵となるのは、村田・吉村2人の大砲が何処までやれるかで、昨年並みの成績を残せばAクラスもありえる
投手陣との兼ね合いがあるという事は忘れてはいけないが・・・・





捕手は、相川が有力だが打撃で安定感を欠いているので鶴岡と併用するだろう



控えのメンバーは


種田・下窪・古木・内川・小池・石川・鶴岡


代打、古木・内川 代走石川・下窪 守備 鶴岡 小池 種田






最後に投・打の期待の若手を紹介


投手では寺原投手

昨年のプレーオフの投球を見て、なにかを掴んだような感じを受けた。
ソフトバンクでは、先発枠に入るのが難しかったが、横浜では十分戦力になる

成績予想 12勝10敗 防御率3.50 


打のほうでは、石川選手 
ここ数年は怪我に悩まされてきたが、走攻守3拍子揃った選手
持ち前の若さ溢れる鋭いスイングで、1軍定着に期待

課題は細かい走塁・守備であろう、これさえクリアできれば石井を脅かす存在になれるはず


成績予想 .288 5本塁打 26打点







次は広島
2007.03.27 Comment:0 | TrackBack:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。