FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
今日は、今年のプロ野球界の展望をチェックする、セリーグ編です。


今年からセリーグもプレーオフが導入される訳ですが、基本的なスタンスとして「賛成」です。

色々賛否両論あるかと思いますが、やる前から駄目だと決め付けるのはやはり
まずはやってみて、それにより反省点を見つけ出し改良を加えていく、ことが必要と考えます。

まぁこの話は、置いといてですねw 早速各チームの戦力を踏まえての順位予想を。。。。。。



1位中日2位巨人3位阪神4位広島5位横浜6位ヤクルト です。



心情的には阪神が1位と行きたい所なんですが、思いのほか状況が悪すぎて・・・・
(このことに関しては後にご紹介するとします)


個人的には、中日が有利で(飛びぬけていて)阪神は(他球団も含めて)苦しい状況だと理解してるんですが
他人から「優勝は中日だ」「阪神はBクラスだ(他球団も含め)」と言われると
ムカッときちゃってつい暴言を吐いちゃうんですよねw そこが自分の欠点と言いますか。。。

その話は置いておいて(汗)


中日が一番だと思う理由としては、昨年の戦力とほとんど顔ぶれが変わらず、戦力ダウンが見られないことです。
川上を中心とした先発陣は強力で、リリーフ陣に若干の不安を残すが、高橋・中里の存在が不気味
対阪神に限りアレックス退団で幾分楽になったと勝手に予想してるのですがw



2位を巨人にしたのは、さすがに小笠原・谷を獲得して、現役メジャーの選手を獲得したんだから勝って当たり前だろ
的な解釈がありますw 昨年も上位に予想していたのですが、これがなんともうまくいかない
やはり巨人再建の鍵は投手陣の整備にかかってると、



3位は、ギリギリで阪神 ちょっと前まではこれはいけるぞ!と自信に満ち溢れていたのですが
安藤・福原が怪我で出遅れ、杉山は不調で降格、久保田も打たれ、オープン戦では2試合連続完封大敗
まだまだこれからとはいえ、不安なわけです。。。暗黒時代というものがありますから、それに怯える毎日です。
ポイントは何処まで投手陣を整備できるかと、赤星・今岡の復活にかかってます。




4位は広島で、毎年期待しているのですが、夏場以降は・・・という繰り返し
唯一中日に相性がいいので、全球団と5分で渡り合えれば可能性は十分あるといえるでしょう(プレーオフ圏内)

今年は、ちゃんとした根拠があります。それは後の戦力分析で。。。。




5位は横浜ですが、ここまではどこがプレーオフ進出しても、遜色は無いと思います。
野手では多村、投手では門倉が抜けましたが、野手に関して吉村・村田と2枚看板がいますし
投手でも、寺原・工藤といった新たな戦力を獲得し投手層に厚みが出たと思います。
上位2球団からの負け癖を直せば、上位進出も十分ありえます。




6位はヤクルトですが、戦力的に少し不安な面が出てきましたので、厳しいかと・・・・
打のほうでは岩村・ラロッカが抜けて、投ではガトームソン放出、石井弘・五十嵐絶望と踏んだり蹴ったり
投手の方は、怪我さえなければ素質ある投手がたくさんいますから、カバーできそうなものですが
ラロッカはともかく、岩村の抜けた穴は攻守に影響が出るのは間違いなし、そこをどうしていくがか鍵である


以上簡単に各チームの状況を説明したのですが、どうでしょう?

各チームの詳しい戦力については、今後1チームずつ書いていきますのでよろしくお願いします。

スポンサーサイト
2007.02.26 Comment:0 | TrackBack:1
Secret

TrackBackURL
→http://cheeriolike.blog86.fc2.com/tb.php/72-6acf57d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。