FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
参考URL↓

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/03/11/01.html

http://sports.yahoo.co.jp/news/20070310-00000093-jij-spo.html

http://sports.yahoo.co.jp/news/20070310-00000101-jij-spo.html




これを見たとき、自分の印象としては「やっぱりか」という気持ちが待っ先に出てきた。
これまでの70年の歴史なかで「裏金」というものは、野球界とは切っても切れない関係なのだ。


2年前一場投手への金銭供与が問題になりオーナー3人が辞職という形になった。
コレ以前にも金銭の受け渡し等が行われているという噂は、絶えず流れてきた訳で。
倫理行動宣言後もファンの中でどこかに疑念というものがあったことは、容易に想像できる



西武球団は、昨年夏ごろにこの問題について報告を受けていたが、この時期まで明らかにしなかった
今後西武球団には、厳しい処置が下されるであろう(ドラフト参加禁止等)



そしてこの問題で、金銭を受け取ったとされる木村投手が会見を行い、金銭のやり取りがあった事を認めた。
(他に早大外野手が噂になっているが、まだ公には出てきていない)

木村投手には無期限の謹慎処分(所属チームの決定)早大外野手もなんらかの処置が行われるであろう



もらう側にも落ち度があるだろうが、この選手自身に罪はなく
渡した球団側、そしてもらう親にも問題があるわけで、すこし複雑ではあるが・・・



今後のドラフト制度にも多大な影響を与えることになるだろう
希望枠の撤廃、完全ウェーバー制の導入、導入に伴うFAの短縮、FA短縮に伴う協定の変更
(↑に関しては今後の記事で詳しく説明したいと思います)


経営者側もこれで言い訳は出来ないはず、真剣にこの問題に取り組んでほしい


13日には12球団の代表が集まりこの問題について議論すると同時に
宮本選手会会長に説明を行う方針のようだ・・・・・




話は少しそれてしまうが


今でこそ市場を拡大し絶大な人気を誇るMLBもけして順調な道を歩んできたわけではない
95年のストライキでのファン離れ、人気低迷・・・それからいくつもの改革を経て今の地位を取り戻した。


NPBが歩む道は、この問題をどのように今後に生かし、改善していくかだ
人気低迷と言われているが、日本人はまだ野球への情熱が薄れている訳ではない
これまでの歴史のなか「野球」というものが日本のスポーツの中心である事は不変である


自分は野球を愛するものとして、今後の改革の行方を見守っていきたい。





コメント返し↓


>>>牛タンさん

いえいえとんでもないです、実際に今の球団はそういう方向に向いてますし
勝つことが第一目標ですが、ファンを喜ばせるのが、面白いと思わせるのが仕事ですし

順位予想・・・正直自信が無いですねw 西武は松坂が抜けましたが
生める選手が必ず出てきますので分かりませんね・・

でもSB有利というのは、絶対的だと思いますw


>>>佐倉さん

なんだか佐倉さんて色んな所に行ってるんですねww海外にいたり・・・凄いですw


パリーグはこの3年間プレーオフ争いもあり盛り上がってますね

・・・やはりそうですよね、ホークスが3年連続で逃してしまったし・・
でも今年のホークスは一味も二味も違うと思いますよ!信じて応援しましょう
ファンにできることは選手を信じて、一生懸命応援することですしね



>>>銀の弾丸さん

はじめまして、訪問&コメントありがとうございます。


分析というか、完璧カンなんですが・・・・ww
4本柱にガトームソン・神内が加われば少々打てなくても大丈夫でしょうし
中軸は・・・・・・・・・いうまでも無いですね、怪我さえなければ・・・w
優勝するチームというのは、やはり若手とベテランの融合が大事ですから
若手選手にも期待したいですね!!!!!!!!!!



>>>アーレさん

お久しぶりです。ブログ更新してくださいね

自分はあんな予想ですが、無難に予想しただけなので、アーレさんの予想もなかなかですよ

オリックスはこの時期の様子を見ると、3位以内もありますよね!

なんにしてもパリーグは面白い
スポンサーサイト
2007.03.11 Comment:2 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://cheeriolike.blog86.fc2.com/tb.php/82-7752b480
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。