FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--
今回は横浜






昨年は、投手陣の不調で最下位となった。

若手の台頭があった事が唯一の光だが、多村が抜けたことで
打線のほうは多少落ちるという見方も出来るが、怪我で計算できないのであれば、影響ないだろう
移籍先では今のところ大活躍だが

投手陣は、逆に層が厚くなったと言ってもいいだろう



まずは先発 

2年連続200投球回達成のエース三浦、門倉の人的補償で、巨人から移籍の工藤
多村との電撃トレードで獲得の150k右腕寺原、得意のシュートで復活した小野
共に中継ぎから先発転向の加藤・川村、巨人キラー土肥、期待の左腕那須野
新外国人チアソン、復活にかける吉見 




布陣


OP戦では、ほぼ同じ投手で回しているという事もあり、ここはもうほぼ固まっていると見ていいだろう

完投能力のある2人を頭にもっていく方針の為、三浦・寺原はそれぞれカードの頭を。
開幕投手はエース三浦で、2番手には巨人に滅法強い土肥、3戦目には工藤で門倉との対決が期待される


三浦→土肥→工藤→寺原→加藤→川村






次は中継ぎだが、加藤・川村の先発転向で実績のある投手が木塚とクルーンしか居なくなるが
昨年は先発が崩れ、中継ぎに悪影響を与えて居たので、それを思えばこの陣容でも十分だろう

新外国人投手のホセロが好調なので(防御率0.00)巧く使えば戦力になる

新人の吉原もアピールを続けているので、注目! このなかで那須野は先発から中に回ると見ている




布陣

中継ぎ 那須野 山北 吉原 ホセロ 木塚 

抑え クルーン



総括すると先発・中継ぎ共に実績は無いものの、潜在能力は一番ではなかろうか

気になるのは抑えを勤めるクルーンの故障だが・・・・・









野手陣ですがまず開幕オーダーを予想



1仁志(二) .270 10本 43打点 10盗塁
2石井琢(遊) .272 6本  29打点 
3金城(右) .320 17本 70打点
4村田(三).264 29本 105打点
5佐伯(一).282 12本 70打点
6吉村(中) .290 25本 82打点
7鈴木尚(左).275 6本 40打点
8相川(捕).255 8本 30打点



左右のバランスが取れており、非常にいい打線だが

横浜の場合、最も重要なのは1・2番打者である
石井はまだ元気だが機動力としては多くを望めない為若手の台頭が必要だろう

石川・藤田・下窪辺りを固定し、上位を打つようになると、怖いのだが・・・

鍵となるのは、村田・吉村2人の大砲が何処までやれるかで、昨年並みの成績を残せばAクラスもありえる
投手陣との兼ね合いがあるという事は忘れてはいけないが・・・・





捕手は、相川が有力だが打撃で安定感を欠いているので鶴岡と併用するだろう



控えのメンバーは


種田・下窪・古木・内川・小池・石川・鶴岡


代打、古木・内川 代走石川・下窪 守備 鶴岡 小池 種田






最後に投・打の期待の若手を紹介


投手では寺原投手

昨年のプレーオフの投球を見て、なにかを掴んだような感じを受けた。
ソフトバンクでは、先発枠に入るのが難しかったが、横浜では十分戦力になる

成績予想 12勝10敗 防御率3.50 


打のほうでは、石川選手 
ここ数年は怪我に悩まされてきたが、走攻守3拍子揃った選手
持ち前の若さ溢れる鋭いスイングで、1軍定着に期待

課題は細かい走塁・守備であろう、これさえクリアできれば石井を脅かす存在になれるはず


成績予想 .288 5本塁打 26打点







次は広島
スポンサーサイト
2007.03.27 Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://cheeriolike.blog86.fc2.com/tb.php/95-dbc195d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。